新卒入社の先輩メッセージ

(コピー)
入社希望のきっかけは?
雑貨と接客が好きなので、雑貨屋さんの接客業で就職活動をしていましたが、なかなか見つかりませんでした。それでも絶対に雑貨屋さんで働きたかったので、粘って職業相談所に聞いてみたときに、マイルームを知りました。 面接へ行くと、働いている方々が穏やかな表情で私を迎えてくれてとても感じがいいと思いました。また、"あんな素敵な見せ方ができるんだ!"とディスプレイを見て感動し、ここではいろんな事が学べそうだと感じ、入社を希望しました。
入社前のイメージは変わりましたか?
入社前は可愛い雑貨や素敵なディスプレイにばかり目がいっていましたが、 バックヤードも店頭と同じように整理整頓をし、掃除を徹底しているところに驚きと感動を覚えました。たくさんの商品を扱うので商品の在庫管理は重要です。何がどこにあるのか誰でもわかるようにしておくことが大切です。
先輩や上司の印象はどうですか?
悩み事や分からないことがあると必ず一緒に考えてくれます。上司は自分の仕事をたくさん抱えていますが嫌な顔せず、時間を割いてくれるので本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 また、お店を良くしていくことに対して真剣なので、接客や陳列、ラッピングに対して厳しく指導してくれます。
マイルームでどんなことを学べると思いますか?
接客のスキルが身につきます。接客セミナーに参加するなど意欲的に取り組んでいます。 また、オリジナルラッピングという豪華なラッピングのサービスも行っているため、他店より難しいラッピングの技術が身に付きます。 そして、陳列の技術が身に付きます。少しでも雑なところがあると先輩から指摘をいただきます。 接客と陳列以外には、教えたり話し合ったりすることが多い職場なので伝える力が身に付きます。 全員参加のミーティングでは、全スタッフの前で一分間スピーチを行うなど、人前で上手に話すスキルを身に付ける訓練を頻繁に行っています。
一番やりがいがあったお仕事は?
雑貨販売を担当しているスタッフは定期的にアパレル販売の接客も行うのですが、そのときにお客さまから「あなた、いつも雑貨の方にいるのに何で今日はこっちなの?」と話しかけられました。 顔を覚えていてくれたのです。接客は、私が一番力を入れているところだったので、お客さまの印象に残る接客ができているのかなと、とても感激し、自信になりました。
マイルームの好きなところ
より良くしたいという気持ちが強いところが好きです。現状に満足せず、もっと効率よくできないか、もっとお店をすてきにできないか、と常に考え、そしてそれを実行に移すことのできる会社です。例えば、クリスマスに新しく"スワッグ"という飾りを取り入れようという私の突然のアイデアも、いいね!とすんなり挑戦させてくれました。準備しているときも周りのスタッフが、スワッグについて知ろうとしてくれたり、アドバイスをくれたりなど、前向きな気持ちで私の挑戦を受け入れてくれてとてもやりやすかったです。
マイルームのここが自慢!なんでもいいよ!
思いやり、助け合いの気持ちを持っているスタッフばかりの会社です。 忙しいスタッフや助けが必要な部門があれば、その人のために出来ることはないかすぐに考えます。 それはスタッフ同士、部門間同士の隔たりが無いマイルームだからこそ出来るのだと思います。また、協力してくれることを当たり前と思わず、相手の時間を割いてやってくれていることだと全員が理解している為、必ず感謝の気持ちを伝えることができており、お互い気持ちよく助け合えるのだと感じています。
入社後、一年もしくは数ヶ月経って自分に変化はありましたか?
入社したてのころは大好きな雑貨屋さんで働けることがとても嬉しかったのですが、 発注業務や年間の仕事の流れの理解ができ、仕事に慣れてきた3年目のことでした。色々な事を任され、仕事も増え、私の一番好きな、接客の機会がだんだん減ってきていると感じました。一方、アパレル販売の方では、お客様のコーディネートを選んだりと接客をする時間が多く、また独自の接客スキルを学べると感じました。私は雑貨担当として業務を進めるよりも、アパレル販売で接客をした方が自分に合ったスキルの向上に繋がるのではないかと感じました。そのときたまたま配属のチャンスがあり、これからアパレル販売の方で働くことが決まりました。今からスキルを磨いていくことが楽しみです。
一日の流れ